• 青汁_ImgPic

妊娠した時には青汁も身体をサポートしてくれる存在になる

妊娠してすぐはつわりや体調の変化などでなかなかご飯を食べられないことがある方が多いのではないでしょうか。
つわりであまりにも食欲がなく、また食べても結局戻してしまうこともあったので、せめて野菜だけでも、という思いで青汁を口にしたのですが、冷たくしてよくとかして飲むと意外にも口当たりが優しくて飲むことができました。
初めのころはやはり何を口にしても駄目で、そのときは青汁も駄目でしたが、少し食欲がわくと、すぐに青汁と他のおかずを少し食べるようにしていました。
青汁は妊婦の身体には必要なものも含まれている、ということを聞いたこともあったので、肉や魚と他の野菜を少し、まだ食欲がなかなかわかなかったので、青汁で補う形にしていました。
そうすることで、少しでもバランスのいい食事に近づけて、おなかの子供にいい栄養と環境をもっておきたかったのです。
妊娠したことによって周囲の環境も少し変わってしまい、自分自身も身体の変化にとまどうことがあり、しっかりとした食事をとることもままならないことにいらだちも起こりましたが、おなかの子供しっかりと育ってくれることが一番ですので、なるべく健康にいいものを口にしたいと思い、色々と調べてもみました。
しかし、この青汁ばかりに頼ってしまってはいけないと思えるようになるまで、なるべく飲み続けていました。
妊娠はとても喜ばしいものです。
元気で健やかな子供を産みたいと思うものです。
ですので、できるだけ野菜は多めにとって、お肉や魚も口にしましたが、どうしても口にしたくない日もやはり出てきます。


何も口にしたくない日は、冷たいものや飲み物を中心にしていました。
その後、お風呂に入って心身のリラックスをしていました。
妊娠による環境の変化はストレスになって知らずに積み重なっているものだと感じました。
そんなときには家族と出かけたり、静かに過ごすようにすることを一番好みました。
妊娠した女性には、それぞれで違うものが出てくるものです。
そのときによって、感じ方が違うものがあったり、妊娠したことによって食べ物の好みさえ変わってしまうこともよくあるのです。
これは驚いたのですが、野菜をおいしいとあまり感じなかったのが、子供ができたとわかってから、急に野菜が欲しくなり始めたことがあります。
主に初期のころなのですが、つわりが始まる前です。
すぐにつわりが始まってしまったので、食べ物は見るのも嫌になってしまったのですが、とても驚いたと同時に、おなかの子供が必要としているのかもしれないとも感じました。
妊娠は様々な影響を女性に与えます。
もちろん、男性にもそうですが、おなかに子供がいるとわかった時点から女性は母親としての感覚を持つようになれるのが不思議でした。
男性は生まれてから親としての感覚を持つのだとも思いました。
青汁を飲むようになれたときには、もうおなかの子供ことをしっかりと感じ取れるようになっていたので、これからも健康にいいものをしっかりと食べて大きく育って欲しいという願いを持ちました。
子供を産み、育てるということはとても力もいることです。
なので、これからも野菜やお肉やお魚、そして飲み続けていく限りサポートになって欲しいと思っています。