• 青汁_ImgPic

そもそも青汁にデメリットがあるのか

青汁を飲み続けて5年が経過しました。
5年前に新築分譲マンションを購入しました。
それまで長いこと独身寮生活でした。
賄いさんがいて食事を全て用意してくれたので一切食事や栄養の心配をすることなく生活できていました。
しかし年齢が住宅ローンの限界年齢に達したので思い切ってマンションを購入したのです。
はじめての一人暮らしです。
とても広々とした空間を手に入れ独身寮のような集団生活ではありません。
完全に自由なのです。
気に入った家具を揃えたりとにかくすべてが自由になったのです。
もちろんデメリットもあります。
その代表格が食事です。
栄養は本当に大丈夫なのか。
本当に心配でした。
そしてひとり暮らしをはじめた当初は野菜中心の食事を心がけるようにしたのです。
しかし正直自炊能力はないしすべてが外食です。
外食ばかりで野菜中心の食生活というのは現実問題あり得ません。
そういう経緯から1ヶ月も続きませんでした。
次に試みたのが野菜ジュースです。
冷蔵庫の中身が全て野菜ジュースの時代もありました。
最近の市販の野菜ジュースの味は正直飲みやすいです。
飲みやすいが故に本当に野菜摂取の代わりになるのか疑問でした。
インターネットで調べてみたところ不安が的中し、野菜ジュースの効果に懐疑的な記事がたくさん見つかりました。
そういう経緯を経て青汁にたどり着いたのです。
一人暮らしをしてまだ1年も経過していない時期です。
それまで一度も口にしたことがない飲み物でした。
たまたま飲む機会があって美味しかったのです。
あの独特の青臭さがちょうど野菜を求めている私にぴったりだったのです。


今は月に1~2回、スーパーマーケットで青汁の冷凍品をまとめ買いしています。
冷凍品なのでいくらでも保存できます。
毎週1~2回3割引になる特売日があるのでそのときにまとめて購入するのです。
1箱に7パック入っています。
毎週、1週間分の青汁を冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍します。
そして毎朝飲むヨーグルトとブレンドして飲んでいるのです。
こういう生活をはじめて4年が経過しています。
未だ飽きることなく続いていますし、事実青汁にたどり着いてから風邪ひとつ惹かなくなりました。
デメリットは何も思いつきません。
強いて挙げれば高価であることくらいです。
メリットばかりの飲料だと思っています。
しかし、人によってはデメリットになることもあります。
青汁のデメリットをいくつか挙げますと、ビタミンなどの栄養素を多く含んでいるので、腎臓が悪い方は体外へ排出する力が弱っていて、どんどん蓄積されて不整脈や血圧の低下などの副作用を起こす場合があるそうです。
また、飲みすぎるとおなかが緩くなってしまうこともあるそうです。

健康をお金で買うと思えば毎日100円もしない飲み物です。
私はたばこを毎日一箱分吸っています。
毎日440円です。
たばこと比べたら高価ではなくむしろ激安と思った方がよさそうです。
おかげさまでお通じも肌の色艶も良いです。
風邪も惹きません。
青汁はメリットばかりの飲料です。
去年職場でインフルエンザが大流行したことがありました。
そして同僚が次々と休暇をとった時期がありました。
二十数人いる事務所で私一人だけがピンピンと業務を遂行できたのです。
圧倒的なメリットです。
一人暮らしをはじめて栄養のバランスを気にしていた人間がいまや事務所の中で一番健康なのです。
今の毎朝の青汁と飲むヨーグルトのブレンドで十分のようです。
あとは適度な運動で健康を維持していきたいと考えています。
毎日万歩計を見て歩行量の管理もはじめました。
これからも末永く愛飲していこうと思っています。